結婚・恋愛等

【速報】バツイチに彼女ができました!

おはこんばんにちは!

離婚先生です!久しぶりのブログ更新になります汗

お待たせいたしました!

なんとなんとなんと

離婚先生…

ついに!

ついに!

彼女ができました!!!!!!!!!!

久しぶりのブログ更新が衝撃的な発表ですよね笑

出会いは?

彼女との出会いは、私が6年間通っている美容室でした!

私は美容室の店員さんととても仲が良く、一緒にご飯に行ったり、飲んだり、BBQしたりと

良くしてもらっていました。

そんなある日、

いつも通りカット、カラーをしているときに

1人の女性が仕事で美容室に現れました!

そうこの人がのちの私の彼女なのです!

初対面のときはどうだったの?

美容室に女性が現れて、

「あ〜仕事できてるんだ〜」としかその時は思いませんでした。

そのとき、店員さんが

「〇〇ちゃん(女性の名前)離婚先生と合コンしてあげて!」

と言いました笑

私の心の中では、

「ナイス???、あ〜合コンめんどくさいな」

という気持ちが強かったのを覚えています!笑

女性の答えは、、、

「あっ!いいですよ!」

完全なる一言返事でした!

そして、私が筋トレをしてるということだったので

初対面(会って1分で)私の二頭筋を触ってきました笑

これには、私がびっくりしてしまいました。

普通、会って間もない男性の腕を触りますか?笑

第1印象は…

彼女の第1印象は、

笑顔が素敵、スタイルがいい、ノリがめちゃくちゃいい

この時点では、まだ好きな気持ちは全然ありませんでした!

離婚してから初めての恋愛でしたので

そこまで乗り気じゃない私がいました。

いきなりディズニー!

LINEを交換し、連絡のやりとりをしていました。

そんなある日、、、

「ディズニー行きませんか?」

んんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんんん?

「ディズニー行きましょ?」

まさかのディズニーデートに誘われたのです笑

いきなりすぎて

いきなりステーキの間違いではないかと私は思いました笑

行けない理由もなかったので、久しぶりに楽しもうと思い、行くことにしました!

ディズニーデート

ディズニーデート当日

私は緊張はしていませんでしたが、彼女がめちゃくちゃ緊張していました笑

面白いくらい緊張してましたね笑、可愛かった笑

彼女は、ディズニー大好きな女性でファストパスや乗る順番も完全に網羅しており

タイムスケジュールが完璧でした!

この女性ほんとすごいなと尊敬しました。

終始、会話は途切れず、お互いずっと笑顔だったのを覚えています!

私の中で

「こんなに笑ってるの久しぶりだな」
「楽しい」
「私この子のこと好きなのか?」

という気持ちが芽生えてきていました。

ディズニーデート中は、

手も繋ぎませんでした。

繋ごうと思ったら繋げれたと思いますが、

私の気持ちがはっきりしないうちに、

手を出すのは相手に悪いし、男らしくないと思ったので

そういうことはしませんでした。

また、その日は、彼女を家まで送り届けバイバイしました!

いつもの私なら、家やホテルに行き、夜の営みをしてたと思いますが、

今回は、ちゃんとしないとと思い、送り届けました。

数日間悩む!悩む!悩む!

それからとういうものの、

「私は、この女性を好きなのか?」
「バツイチをカミングアウトしたら、、、」

気づいたら、彼女のことばかり考えていました。

まるで、童貞高校生のように爆笑

離婚して、童貞に戻ったか?笑
離婚先生は童貞に戻ったか?

と自問自答していました。

そんなときは、信頼している女性に聞くしかないと思い、

「職場の女性の後輩と数時間熱く今回の恋について語りました!」

結果、

『デートに誘い、バツイチカミングアウト、反応がよければ告白』

ということにいたりました!

バツイチカミングアウト

バツイチカミングアウト当日

私は恐ろしく緊張していました。

緊張しない私がご飯が喉に通らないほど緊張!

その時は、車内で訪れました!

『俺さ、実は半年前まで結婚してたんだよね』

「……なんとなくそうじゃないかと思ってた」

薄々気づかれてたみたいで、、、

それから、離婚理由等を嘘偽りなく話しました。

彼女も真摯に聞いてくれて、

「大変だったんだね。人生いろいろあるね!」

私は泣きそうになりましたが、男として涙を堪えてました!

本当に優しくて、偏見をもってなくて、話を最後まで聞いてくれる女性でした。

この時、あ〜やっぱり好きなんだ。この気持ち伝えないとなと思いました。

「俺は、〇〇(彼女)が好きです。〇〇がよければお付き合いしたいんだけど!」

返事は、

「私も好き、会った時からタイプで好きでした。」

もう嬉しくて、涙目になっていたと思います私が笑

この文章を打っている今も涙目笑

離婚する前から告白する日まで半年間は、暗いトンネルの中を1人で無我夢中に歩いたり

走ったりしていましたが、ようやく光が見えた気がしました。

離婚という反省点をいかして、この恋愛に全力で取り組んでいます。

彼女の笑顔を見るために、彼女の楽しんでる姿を見るのが好きみたいです!

離婚先生は、これからも続いて行きます!

これからも読者の皆様、末長くよろしくお願いします!